スポンサーリンク

キケンな誘拐「Soodhu Kavvuum」

出典:behance.net
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Soodhu Kavvuum」2013年 タミル

邦題:キケンな誘拐
監督:ナラン・クマラサーミ
出演:ヴィジャイ・セードゥパティ/アショーク・セルヴァン/ラメーシュ・ティラク/ボビー・シンハー/カルナーカラン
IMDb:https://www.imdb.com/title/tt2877108/
Wiki:https://en.wikipedia.org/wiki/Soodhu_Kavvum

あらすじ

 IT企業に勤めながらも同僚女子との痴話喧嘩で首になったケーサヴァン(アショーク・セルヴァン)と、駐車場係りで車を勝手に持ち出して解雇されたセーカル(ラメーシュ・ティラク)はルームメイト。そこに故郷で女優のナヤンタラの寺院を勝手に作って村を追い出された無職のパガラヴァン(ボビー・シンハー)が転がりこんでくる。
 うだつのあがらない3人は酒場で誘拐業を生業とするダース(ヴィジャイ・セードゥパティ)と出会う。ダースは他の人には見えない彼女と一緒に暮らすヘンテコな男。彼の誘拐の成功5か条は、1)有力者やの子は狙わない、2)殺すと脅さない、3)身代金は欲張らない、4)武器は使わない、5)トラブルが起きたらすぐ降伏。3人はダースと組んで誘拐業のチームを組むことになる。
 4人はある少年を誘拐し成功するが、その父親からとんでもない依頼をされることになった。この父親は政府の仕事の請負業者で、州の財務大臣ニャーノーダヤムの選挙の広報のために贈収賄の罪で破滅した男の兄弟だった。その報復に大臣の息子アルマイ(カルナーカラン)を誘拐してくれというのだ。多額の身代金を目の前に、ダース達は5か条を無視して仕事を請け負うことにする。しかしこのアルマイを誘拐寸前に目の前で他の誰かに誘拐されてしまう。慌てた4人はアルマイを追って見つけ出す。しかしなんとこの誘拐事件は、厳しい父親から起業するお金をむしりとって逃げ出したいアルマイの狂言誘拐だった。果たして4人は身代金を手に入れることができるのか?

感 想

 しょうもない変な奴しか出てこないっていう爆笑ブラックコメディww ICWにほとんど行かれなかったので見逃していた作品。米ツベの有料レンタルで観ました。めちゃくちゃ面白かった!ダースは誰にも見えない彼女激ラブだし、3人はうだつ上がらないにも程があるし、大臣はクズだし、アルマイもクズwww 警察もろくでもないし、もう本当にしょうもない奴しかいないww 


 次々思わぬ事態に巻き込まれていくし、どいつもこいつもツメが甘いというのがとことん可笑しな展開を生むという流れに、爆笑しながら見てしまいました。ハチャメチャに見えるんだけど、非常にうまく出来ている。
 ヴィジャイ・セードゥパティのキャラ設定はなんなの?ww 見えない彼女シャルーを抱いて泣いてるシーンとかもうたまらんw 真顔で真剣でアホっていうのを演じるの上手すぎる。他の出演者もみんな輝くばかりのアホ面がうまいw 


 ラストの落ちも爆笑。いいんかいそれで!www 政治への風刺でもあるのかな?とにかくとことんアホで笑えて、なおかつスピーディで面白いので大好きです。

トレーラー

Soodhu Kavvuum – Trailer

視聴場所

■YoutubeMovie:タミル版(英語字幕)
 $3.99HD/$2.99SD

Soodhu Kavvuum
タイトルとURLをコピーしました